東京ステーションホテル V.I

東京駅に泊まるという贅沢。

​ストーリーは人々によって育まれる。

これからの100年を、濃藍色にのせて。
東京ステーションホテルにとって、駅舎はもちろんのこと、 ここに集う人々こそがかけがえのない財産。シルエットで表現された駅舎は、国指定重要文化財というハードと人々の営みというソフトの魅力を同時にあらわした独自のブランドマークです。窓に明かりが灯る頃、東京駅舎は「濃藍色(こいあいいろ)」に染まります。 濃藍色は「宵」という時間をあらわす日本の伝統色で、赤煉瓦色と相性の良い現代的で品格あふれる色。駅舎がホテルへと変わる、その「時」が色に込められています。

More

©2016 by KAD/Kazutoshi Amano Design, Ltd.